FC2ブログ

観賞の不自由展


論争を呼んだ愛知県の「表現の不自由展」が昨日から再開された。

表現の自由は大切だけど、
🔥昭和天皇の写真を燃やし踏みつける展示に慰安婦像
放射能問題を揶揄するような展示、
韓国の日本ヘイト活動そっくりのことを 
税金を使って公共の場でする価値はないと思う。

「放射能が出てる 放射能最高」なんて言葉が出てくる映像作品
とても芸術とは思えない。☹️
原爆バンザイTシャツ着て 日本人を怒らせて喜ぶ韓国アイドルと同じ感性、ただの嫌がらせ。
こんなものを芸術と主張できるのは
人としての心を失った者だけ。


文化庁も、開催の価値はないと判断したから
補助金7800万円の全額不交付を決めたのだろう。


文化庁がやる価値なしとしたものを無理やり再開する大村知事ってどんな人かと調べてみる。

展示中止を求める文書を出した河村市長を「ナチスそのもの」と批判。
ナチス?残酷な独裁者と現在の市長を唐突に並列…
旭日旗を「ナチスと同じだ戦犯旗だ!」と年中無休で叩いてる隣国となんか発想が似てる。
不自由展への質問・気に入らない意見はTwitterをブロックする知事の方が横暴で独裁的に見えるけど。

大村知事、5月27日には愛知県遊戯共同組合(パチンコ団体)の授賞式に参加。
パチンコと言えば朝鮮半島系の経営者が多いことで知られる業界。

8月末には、このご時世にK-POPコンサートも開催してたなあ
愛知県出身の素敵な芸能人たくさんいるのに、なんで公的イベントに韓国のグループなんだろう。

・日本ヘイトの自由展を応援 
・K-POPコンサート開催
・パチンコ業界と仲良し 😃🔁😃
大村氏って韓国が大好きな知事なのねー。
日本との約束をいつも破っておいて 悪いのは日本と言い続ける国 韓国が。

厳重警備してでも再開したかった展覧会だから、大村知事にとってはよほど素晴らしいアートに違いない。
もし皇族の誰かが愛知にいらしたら
大村知事はきっと胸を張って 天皇の肖像を燃やす映像の前にご案内するのだろう。
私が守った 価値ある芸術作品なんですよと。


「政治が絡む芸術は物議を醸す、なのでタブーに挑戦」ということらしいけど
扱いにくい問題は確かにいろいろある。

中国の文化大革命や現在のウイグル弾圧
韓国のライダイハン
(韓国兵の暴行により妊娠したベトナム女性の子供)
アメリカでの白人警官による黒人市民への暴行や銃乱射事件の多発etc.

なのに、なんで切り込むタブーは日本だけなんだろう?
これでは政治絡みのアートではなく、日本叩きしたいだけに見える。
芸術ってジャンルにすれば何しても許されると思ってるのかな?

問題作品の作家たちも
「炎上を恐れずに尖ったことをするアーティスト」を気取ってるけど結局ヘタレ。
内戦や粛清など タブーとされる歴史がある国はいくつもあるのに、
温厚な日本人しかネタにできない小心者。
権力なんて怖くないと意気がるなら天安門事件でも題材にすれば? 🎨


そもそも芸術監督の津田大介氏って 美大に行ったり芸術活動なんてしたことのないジャーナリスト。
なんでこの人が監督なのか、誰が決めたのかも分からない。

でも、津田氏や大村知事は「表現の自由」を守るために頑張って、再開にこぎ着けたらしい。

入場は抽選で人数制限、入場前に金属探知機でチェック
撮影禁止、SNSでの拡散も禁止 
 
後ろめたいことがあるからツアーガイドという名の監視をつけて あれ禁止これ禁止にしたんだろう。


📺
テレビや新聞の偏向報道も相変わらず。
ニュースサイトを見ても分かるけど
一般の人は昭和天皇の肖像毀損や戦死した日本人を侮辱するような展示に怒っている。
(肖像を焼いて踏みつけて喜んでるなんて天皇じゃなくても悪趣味だけど)

なのにマスコミは慰安婦像ばかり映して
『抗議が殺到 自由な表現が妨害される』という伝え方をして
「韓国の嫌いな人たちが慰安婦像に怒って芸術を弾圧してる」と印象づけようと必死。

「日本人の心を踏みにじるもの」と日本人として真っ当な発言をした河村市長を、悪者のように罵るコメンテーターもいた。
でも今はネットがあるから市民はもう騙されない。



昭和天皇の肖像に火をつける展示について、
きちんと報道したのは私が知る限り週刊新潮(8月)くらいだと思う。

その記事によると芸術監督の津田氏が自ら作家に会い出品を要請したそうだ。
問題映像の作家 大浦信行氏本人が津田氏に会ったときについて話している。
「映像を見せると津田さんは“天皇燃えてますね
!”なんて笑っていました」🤣
「もっと腹を括ってやっているかと思ったら腰砕けだった」

…と、作家から信頼されている様子もなく
真剣に展覧会の芸術性を考えている姿勢も感じられない。

質の高いアート作品を市民に見てもらおうとする志も誠実さもなかったのだ。
津田氏が“炎上して話題になるのも面白い”くらいに考えてたのがよく分かる。
こういう人が多額の税金を使った芸術祭の監督だったのだ。💴


 日本を貶める作品たち 
 アートとしての完成度など無関係の言い争い
 笑いながら炎上狙いの仕事をする無能な監督
 年中日本叩きをする国に肩入れする知事
 偏向報道
 …芸術の香りどこにあるの?
   

真摯に芸術を追及して創作に励み
政治色のない作品を出品した作家が気の毒でならない。

芸術展なのに抗議やら警備のニュースばかりで、
芸術性について語られることが全くない展覧会。

表現する素晴らしさについて語る人が見当たらないなんて、ニュースで取り上げられても芸術イベントとしては失敗でしかない。


立憲民主党の枝野氏は、この展覧会への補助金が不交付になったことを不当だと主張し
「表現の自由・報道の自由が機能しなくなれば民主社会でなくなる」と国会で訴えた。

撮影禁止・拡散禁止・撮るなら誓約書を書け 📵
運営側が見る者の自由を圧殺していることには
「知らないふりする自由」を行使ということらしい。


表現の自由という名目で日本への嫌がらせをしたいのなら
公金を使わず作家が自費で個展を開いてやればいい。

あの汚ならしいオブジェや映像を芸術だと思える
下等な人たちだけでやればいい。



 週刊新潮8月15・22日号より
20191009145945319.jpg






<追記>
いろんな方にお読みいただき、
ランキングバナーも置かずコソッと書いてるブログなのに注目記事にも上がっていて驚きました。
普段より多くメッセージもいただき、どれも共感を持って読ませていただきました。
ありがとうございます。

個人的に変だと思うことの多い展覧会だったので
雑誌や新聞やネットの記事を手元に残しておいて
ブログ初心者なりにまとめた記事でした。
拙い部分も多々ありますが書いて良かったと思います。
拍手や拍手内コメント、ありがとうございました。
☺️

スポンサーサイト