FC2ブログ

義務から逃げるが特権は欲しい


結婚以来 何かと注目されてきたヘンリー王子とメーガン妃が、王族中心メンバーを引退すると発表した。

202001131606466ee.png


今後はカナダやアメリカで過ごすことに比重を置き 経済的にも独立したいと宣言。

チャリティー活動で出会った二人だけに、そういう活動をこれからもするらしい。

しかしサセックス侯爵としての地位やその名前を使ってビジネスをする特権は手放したくない模様。
…どこが独立なんだか

王族の面倒くさい集まりや公務はやらないけど、
侯爵ってことで入ってくる収入はそのまま貰いたい
三億円かけて改装したイギリスの家もそのまま使いたい
警備してもらう権利も今まで通りヨロシク✌️
という都合のいいことを言ってるらしい。

独立を目指すと言ってるだけで、ハッキリ断ってないところを見ると
ヘンリーパパ(チャールズ)からのお小遣い年間○億円も引き続きもらう気なのかな?


そしてヘンリー王子は、嫁がマスコミ攻勢を受けてるのが可哀想だと主張している。
確かに母であるダイアナ妃もパパラッチに追いかけられ交通事故で亡くなっているから 当然そう思うだろう。

しかしマスコミだって鬼じゃない。
長男の妻キャサリン妃も 結婚前は意地悪なことを書かれたけど 三人の子供の母となり、
地位に相応しい振る舞いと服装をしている現在はそんなに叩かれてるようには見えない。


メーガンがマスコミの標的になるのは
離婚歴のある外国人の妻という珍しさに加えて、ツッコミどころ満載の行動をするからである。

主に言われるのは
 浪費癖
 脚を組んでガハハ笑い等の下品な振る舞い
 慣習破り

慣習破りも前例に倣わないというだけでなく
国民が敬愛するエリザベス女王をないがしろにした行動というのが嫌われる理由だろう。


 具体的には
・47億円の結婚式を挙げ、四千万円のドレスを着用

・年間900万円と言われるキャサリン妃の何倍もの洋服代
マタニティー用だけで5000万円
2日間のアイルランド訪問だけでも400万円

・一千万円以上の出産パーティーやプライベートジェット利用のリゾート旅行


・夏期とクリスマスはエリザベス女王の元に集まる王族の恒例行事をドタキャン&欠席

誕生日が近いメーガンのために特別なケーキを用意していたエリザベス女王はガッカリ
(家長で93歳のおばあちゃんを悲しませるようなことするなんて人間性疑う)

・王族の行事を欠席して、その日はテニス観戦

・ロイヤルファミリー伝統の赤ちゃんお披露目も拒否

・王族離脱の発表も 親族に何の相談もなくインスタで不意討ち発表

これだけ好きなことをやって 好きなようにお金をジャンジャン使って 一体何が不満なのか…
と王室関係者が嘆くのも無理はない。


20200113160704589.png

ところでこのウェディングドレス、刺繍が豪華とか真珠を縫いつけてるとかなら高額なのも分かるが
なぜこの超シンプルドレスで四千万円なのか謎


202001131607171a9.png

少年時代の二人。イケメンで人柄も良いプリンスとして注目されてきた兄ウィリアム、
どうせオレなんて誰からも期待されてねえし…とやさぐれて薬物・アルコール・パーティーでほぼ全裸写真が新聞に掲載になった弟ヘンリー

歩んだ人生と 妻として選んだ女性の品格がリンクしてるなぁとしみじみ思う。

王室には腐るほどお金があるのに、
母親を失って心の拠り所を失ったヘンリーに 良い教育係を見つけてあげようと奔走する人はいなかったのか。

出来のいい兄との違いに悩む弟に
「お兄さんと比べられてモヤモヤしてるんなら勉強することだよ、
お兄さんより立派な大学に行けば皆の見る目も変わってくるんだよ」と導いてあげる人はいなかったらしい。


不満はあっただろうが、何不自由なく生きてこられたのは実家があったからで、
自分を育んでくれた家をないがしろにする男性や
そうなるよう誘導する妻というものを軽蔑してしまう。


ヘンリーは ガラの悪い野心家の女に引っ掛かって変わってしまった…という見方もある。

確かに日本でも、腹黒い女に惚れ込んだばっかりに
良好な関係を続けてきた周りの人との間に亀裂が生じてしまう…という人がいる
(嵐の二宮氏とは関係ありません)


でもそれだけでなく、ヘンリーにとって実家は居心地のいいものではなかったのかも知れない。

父親チャールズは 夫として父親として家族を愛するより 大事に思ってるのはカミラおばさん
母親が亡くなって やっと自由だぜと言わんばかりにオバさんとくっついて楽しくやっている

子供の時から王室の未来を託されてる兄は王位継承権二位、自分は六位。
三人の子供を授かり理想の家族を体現して 国民に喜びをもたらしている兄夫婦。
一緒にいても劣等感が増すばかり…

おばあちゃんのエリザベスは 自分たちのおばあちゃんである前から英国国民の母であり祖母。厳格で偉大な存在。

冴えない自分でも無条件で抱き締めてくれた母親はいない…
ハリーにとって いつの間にか心安らぐ場所ではなくなっていた実家。


そして 上品さ重視のイギリス人貴族の世界と 派手さを良しとするアメリカ芸能人の間の壁はどうにもならない。

伝統と格式を重んじるイギリスの王族貴族の世界、
黒人の血を引くアメリカ人でバツイチで庶民のメーガンには完全にアウェイ

ジバンシーの特注ドレスを着ても アメリカでは女優としてスポットライトを浴びても
ここでは「私たちとは違う 生まれ育ちの卑しい女」という見られ方なのだ。
 

自分を心から必要としてくれる人はこの王族の中にはいない
愛する妻もイギリス生活は息苦しいと言っている
ここを離れたほうが生きやすいのかな…?
みたいな心境かも知れない。
でも自由が欲しいなら贅沢三昧の生活も改めないと。

大金使った旅行や金満ファッションが目立つ夫婦が
チャリティー活動やってます 募金よろしくね
とPRしても市民の心は動かないのだ。



イギリス人が何となくアメリカ人を見下しているのは
高貴な方々に限ったことではない。
イギリスにいた頃、バスの中などでおばちゃんの会話を聞いてると
「スーパーにハロウィンの飾り付けがされてたけど、あんなアメリカンな子供っぽいイベント興味ないわ」「ほんとよね」みたいなのを
ちょいちょい耳にした。
自分たちの国には歴史があるという自負心だろう。

そういうイギリス人気質が一番凝縮されてるのが階級社会の最上層の王室なわけで。


王室=お金持ち・有名・貴族のいないアメリカではイバりのきく家柄♪
とセレブの延長のように考えていたテレビ女優メーガンには計算違いもあっただろう。

セレブとロイヤルは全く違うということを理解しないまま結婚して
どうしてこんなに「こうするべき」っていうのがあるのよ💢とイライラしてたのかも知れない。

自由なアメリカと 貴族としての品格が求められるイギリスでの違いに適応できなかった節もある。


二人が婚約した頃は、イギリス王室に新しい風が吹くだろうと好意的な報道が多かった。

だけどこの結婚は、突風となって色んなものをひっくり返していった挙げ句に
アメリカ大陸に去っていくことになった。





お読みいただき ありがとうございました。
良かったら拍手ボタンを押していただけると嬉しいです♪




スポンサーサイト



コメント

No title

おはようございます。ん~~~~。やっぱりね、結婚生活とかって、相手次第だなってホントに思います。男も女によって、女も男によって人生はかわるものなんじゃないかな・・・
いいように変わってくれるなら一番なんだろうけど、このヘンリー王子の話は、私も違和感ありありですね。
あ~あのお嫁さんを選んだばかりにこういう選択をせざるを得なくなったんだなって。
ヘンリー王子の境遇につけこんだと思われてもしょうがないですよね・・・
自立するならすべて断ち切ってホントに自分たちの力だけでやってのければまた人々の見方も違うのだろうけれど。。。
おいしいところだけは離さないそのやり方では国民は納得しないし、メーガン妃への見方は厳しいまま変わらないでしょうね。

コメントありがとうございました

私は、ヘンリー王子にチャールズ皇太子を重ねてしまいます。
ダイアナ妃とカミラ。
メーガンさんはカミラなのではないでしょうか。
と同時に、ヘンリー王子には絶対的な支配ができるけれど。

王室にはそれが通用しません。
即ち、パーティなどに出ると、ご自分の育ち社交性、マナーに至るまで。
看破されてしまい、ヘンリーに対する支配力が弱まる。
それが怖いのではないでしょうか。
ちょっと、三流ノベルふうに想像の翼を広げてみました。^ - ^

Re: No title

こんにちは その後 おでんダイエットのほうはどんな感じですか~?

> やっぱりね、結婚生活とかって、相手次第だなってホントに思います。男も女によって、女も男によって人生はかわるものなんじゃないかな・・・
 男でも女でも、一緒にいる相手の影響は大きいですよね。
服装や行動範囲まで変わってしまった人、知人にもいます。
しかも周囲が「え、その人?」という相手に限って離れる気配がない…

> いいように変わってくれるなら一番なんだろうけど、このヘンリー王子の話は、私も違和感ありありですね。
> 自立するならすべて断ち切ってホントに自分たちの力だけでやってのければまた人々の見方も違うのだろうけれど。。。
 その人で大丈夫?がいいほうに変わってくパターンは少ないような気がしますね。
日本にもパートナー選びを間違えたレディがいてスッキリしない状態が続いてますが…
日英どちらのカップルも自己主張する割には ちゃんと働いて自分たちの稼ぎだけでやっていくという姿勢が見えなくて、甘いなと思ってしまいます。

> おいしいところだけは離さないそのやり方では国民は納得しないし、メーガン妃への見方は厳しいまま変わらないでしょうね。
結婚式や住居や洋服に使いたいだけ使っておいて、
もうここを離れまーす!って すごい神経ですよね
自由と自分勝手を混同してるように思えます。

なんで固いうちの子が厄介な人に惹かれるのか?と周りは思うけど、
家柄がいい分 縛りも多い中で育った人は、なんて言われようと嫌われようと自分のやりたいようにやる鈍感力のある相手が新鮮に見えるのかも知れないですね。

コメントありがとうございました 😃

Re: コメントありがとうございました

こんにちは 慶事の準備でお忙しいところでしょうか

> 私は、ヘンリー王子にチャールズ皇太子を重ねてしまいます。
女性を見る目がなさそう・いいように女性に転がされてる…が共通点ですかね
> ダイアナ妃とカミラ。
 自分は、カミラ夫人が後から割り込みしたと思ってましたが
チャールズとカミラが最初に出会ったのは1971年と
ダイアナ登場よりずいぶん前だったみたいですね。
チャールズが軍隊で外国に行ったり お互いの親が別の相手と結婚させようと動いて、結婚にはならなかったらしいです。

> メーガンさんはカミラなのではないでしょうか。
 カミラ夫人は王子たちの家庭を壊し メーガンは英国の伝統にツバを吐き…という感じですね、

> 即ち、パーティなどに出ると、ご自分の育ち社交性、マナーに至るまで。
> 看破されてしまい、ヘンリーに対する支配力が弱まる。
> それが怖いのではないでしょうか。
 確かにメーガンにしてみたら、イギリス王室内では 有色人種・離婚歴・育ちが悪いということで見下されるしヘンリーより上には立てないですね。
私が一番!という意識の強い女優には耐えられない環境かも
ホームであるアメリカなら 自分が夫を引っ張って行けますものね。

> ちょっと、三流ノベルふうに想像の翼を広げてみました。^ - ^
 イギリス王室の人間ドラマって下手な小説より面白いから 想像力が掻き立てられますよね~。

コメントありがとうございました 😃

非公開コメント